So-net無料ブログ作成
検索選択

のり塩事件の相関図と大物MCについて!政治 芸能 暴力団のズブズブ蜜月関係とは? [事件]

清原和博容疑者が取り調べの中で、
「ヤク中」と表現した、
芸能界の超「大物MC」。
かつての「のり塩事件」にも関わった人物として、
再び当時の状況に注目が集まっています。

2009年に起きたのり塩事件の詳細や、
関係者の相関図を示した後、
それに関わった"大物MC候補"について
予想したいと思います。


スポンサードリンク






のり塩事件というのは、
奇しくも2009年の8月頃の同じ時期に、
酒井法子さんと押尾学さんが、
同時に逮捕された一連の騒動を指す言葉です。

酒井法子の逮捕まで


7月中旬 酒井の腹違いの弟である吉原健が覚醒剤取締法違反で逮捕

7月30日 鹿児島県奄美大島ホテルで、酒井夫婦ガラスパイプの中の覚醒剤を火であぶり、煙を吸引。

8月3日 酒井夫婦の都内自宅から覚せい剤がみつかる。夫が覚醒剤の所持で現行犯逮捕されるも、酒井は任意同行を拒否。尿から覚醒剤の使用が発覚するのを恐れて逃走

8月7日 夫が酒井の覚醒剤の使用を供述
8月8日 酒井は警察に出頭
10月26日 初公判

押尾学の逮捕まで


8月2日 六本木ヒルズレジデンスB棟2307号室で押尾が合成麻薬MDMAを服用。
同室にて、ホステスの田中香織さんの容体が急変したが、押尾は救急車を呼ばず、エイベックスのマネージャー遠藤亮平らに連絡したあと、そのまま逃走。既に死亡した田中さんは全裸のまま放置された。

8月3日 押尾が警察に出頭
8月7日 元妻の矢田亜希子離婚
10月23日 初公判



田中香織


・新宿のキャバクラで「麗城あげは」という源氏名で接客していたキャバ嬢
・銀座クラブ「ジュリア」の元ホステス
・自宅から多数の暴力団関係者の名刺があり、背中には入れ墨
・稲川系、山口系と強い関わり
・10代のときにヤクザと結婚
・部屋からも多数の薬物が発見されており、あらゆる種類の薬を常習
・野心が強く、芸能界への繋がりとして押尾(の取り巻き)に近づいた

森祐喜


・森喜朗元首相の長男で元石川県議員
・六本木ヒルズの部屋で、もともと田中香織さんといたと噂されている
・田中香織と交際しており、写真が残っている
・2011年7月25日 薬による臓器不全のため亡くなる

押尾学


・森祐喜の身代わりとして、隣の部屋にいた押尾学が警察に逮捕されたという噂がある
・パチンコ業界の大物会長など複数のタニマチあり
・MDMAを常習し、田中さんを始め周囲の人間にも飲ませていた


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。