So-net無料ブログ作成
検索選択

【ざわちん】えごま油美容法って本当に大丈夫?副作用の危険はないの? [暮らし]

写真ではとっても綺麗だけど、
本当のお肌は
実はボロボロ。

そんなざわちんが、
ボロボロ肌を改善したという
"えごま油"。

飲むだけで、
お肌の様々な悩み...
ニキビ、肌荒れ、シミ、くすみ...
すべてに効いてくれる、
そんな魔法のような美容食品なんだとか。

負担をかけるメイクを繰り返したり、
お仕事や不規則な生活を送ったり....
女性は疲れていると、
吹き出モノなんかも
ほんと出やすくなっちゃいますよね。

ですが、うまい話には裏がある!
果たして、えごま油に、
本当に副作用とかはないんでしょうか
また、適切な量や、使い方の注意はあるんでしょうか。
これから美肌を目指したい方むけに、
えごま油の注意点についてまとめてみました。

スポンサードリンク






えごまの飲み方


まず、
えごま油を美容食品として摂取する場合、
注意したいことは2点です。

ひとつ目は、
「αリノレン酸」が多く含まれる
えごま油製品を選ぶこと。

えごま油の美容効果は、
油に含まれる「αリノレン酸」によるものです。
ですが、この「αリノレン酸」が
あまり含まれていない製品も中にはあるんです!

スーパーの陳列棚にいったら、
値段で安いのを買ったりせず、
きちんとラベルの分量を見て、
「αリノレン酸」の表記がきちんとあり、
なるべく多く含まれるものを選んでくださいね。

ふたつ目は、
えごま油の頂き方です。

必ず、生のままで摂取するようにしてください。
・そのまま飲む
・料理にかける(ドレッシング、スープにいれる、和え物に混ぜる)
といった方法をとることになります。

そして分量としては、ティースプーン1杯程度が一日の目安だそうです。

中には、美容に効くなら...
と、それ以上摂りたくなってしまう方もいるかもしれません。
しかし、えごま油も油なので、
しっかりカロリーがあります!

なんと、大さじ1あたり 150kcal!!
プリンひとつ分くらいのカロリーはあるんです。
欲張りすぎないように、
ティースプーン1杯くらいで留めるように
気をつけてくださいね。


スポンサードリンク






えごま油の注意点!


えごま油は、
非常に酸化しやすい油として
有名なんです。

ですから買うときになるべく小さいボトルを選ぶこと、
そして、開封したら、美容の他にも
お料理に使うようにもして、
早めに使い切るようにしてください。
理想としては、1ヶ月程度です。

えごま油は不飽和脂肪酸なので、
それが身体にいい訳ですが、
不安定な物質ゆえに酸化しやすいんですね。

酸化してしまった油を生で摂取するのは、
もってのほか!
腹痛や、胃全体の不調にも繋がります。
ですので、オイルの状態を新鮮に保つこと。
これで、健康への被害はおさえられます。

基本的に、えごま油には、
人体に与える副作用のようなものは存在しません。
えごま油の歴史は古く、平安時代から使い続けられてきたもの。
日本人の身体にも馴染む、ヘルシーな油なんですね。

まとめ


美容食品として、えごま油を摂取する注意点です:

・「αリノレン酸」が多く含まれる製品を選ぶこと
・一日ティースプーン1杯程度にとどめること
・必ず、生で摂取すること
・油は酸化しないよう、開封したら1ヶ月程度で使い切ること

大量に摂取したら→カロリーオーバーの危険!
古い酸化した油を摂取したら→健康被害の危険!

と、いうことになります。
用法・用量を守って、
美肌を作っていきたいですね。

ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。


ざわちん関連記事:

【ざわちん】ZUMBA(ズンバ)ダイエットって何? 無料で出来て、すぐに効果が出ると評判に!

ざわちんの顔はでかい?長い?整形?顔にまつわる様々な噂を検証


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。