So-net無料ブログ作成
検索選択

甘利大臣を罠にはめた犯人とは!他政党関係者によるワナだった? [事件]

連日テレビをにぎわせている、甘利大臣の賄賂問題。
賄賂の問題って、理解するのがまず難しいですよね...!

でも、自民党の高村副総裁が言った、
「録音や写真を撮られていたりと、わなを仕掛けられたという感」
「そのわなのうえに、 周到なストーリーが作られている」
という部分だけは、なんとなく気になってしまいます。

わたしのように、経済に疎い方でもわかるように、
・誰が誰にお金を渡したのか?
・誰がそれを"賄賂”としてリークしたのか?
・結局黒幕は誰なのか?
について、まとめてみようと思います!


スポンサードリンク






誰が誰にお金を渡したのか?


賄賂を渡した人


千葉県白井市の建設会社S 総務担当者 一色武さん

賄賂を受け取った人


・甘利明TPP担当大臣
・公設第一秘書 大和事務所所長の清島健一さん
・政策秘書 鈴木陵充さん
・政策秘書 宮下忠士さん

ざっくりとした流れ


千葉県臼井市の建設会社 S社が、
道路建設工事と土地の権利をめぐって、
地主さんとUR(独立行政法人「都市再生機構)
とトラブルになっていました。

そのトラブル解決のため、S社の一色武さんが、
甘利事務所に相談に行きました。

もらったアドバイスは的確で、
S社とURとの交渉は無事に成功し、
URからS社に対する多額の補償金(2億2千万)まで受け取れました。

S社はお礼に、甘利事務所へ
500万円を持って行きました。
ですが、その後もURと別件の交渉が起きたり、
それに対する助けを再び甘利事務所へ求めるうちに、
接待や賄賂を重ねていくようになりました。

誰がそれをリークしたのか?


最初にこの事件を報道したのは、週刊文春です。
この週刊文春に対し、情報の告発をしたのは、
自ら賄賂・接待などの献金をしてきた、一色武さんご本人なんです。

一色武さんは賄賂や接待を行いながらも、
甘利明大臣や秘書に渡した賄賂や接待での、
やりとりに関する証拠をすべて残しているんです。

・いつ、どこで、だれと、会ったか、全てに関する記録
・領収書
・会話の録音データ(50時間以上)
・渡したピン札のコピー

確実な証拠が残っているものをあわせると、
「1,200万円」になってしまうとか!
すごい金額ですよね。

スポンサードリンク






結局、黒幕は誰なのか?



S社の実際の社名ですが、ネット上ではほぼ100%、
【薩摩工業】
という社名で特定されているようです。

ですが、この薩摩工業さん。
普通の建設会社としては、いささか不審な点があるようです。

千葉県臼井市の建設会社 S社に不審な点


・会社概要
資本金:1000万円
従業員:5名
住所:千葉県臼井市清戸272
代表者:寺床博好

この会社概要での、資本金の1000万円に注目です!
賄賂の合計額が1200万円にも及んでいるのに、
資本金がそれ以下というのは、ちょっとオカシイ感じがしますよね。

また、薩摩興業は土建屋(型枠大工業)さんですが、
なぜか臼井市の「建設工事等入札参加業者適格者」にはなっていない。
おかしいです。

また、この会社住所に実際に足を運んだ方の情報によると、
あまり会社らしき建物はなく、普通の一軒家に、全く関係のない人が住んでいたとか。。
会社自体、本当に実在するのか怪しいんです。

本当の黒幕は?


ちなみに、告発者の一色武さんは、すでに失踪。
家族ごと、どこかに蒸発してしまったそうです。
この告発者の方すら、本当に存在する実名なのか、
怪しい感じがします。

なので、この賄賂に使われたお金も、
それを計画した人達も、S社=薩摩工業ではない
別な組織によるもの。。
単純に言ってしまえば、TPP反対派の人間・政党関係、
ということになるでしょうか。

ちなみに、前項で説明した薩摩工業ですが、
千葉県の中小企業家同友会に加盟しており、
この組織、日本共産党の下の団体なんだそうです。

...これ以上、はっきりは言えませんが、
そういうことなんでしょうね。
おそらく、テレビでは取り上げないでしょう。
コワイですね。

まとめ


結局のところ、どのような陰謀が渦巻いていたにせよ、
甘利大臣と甘利事務所が、
数年間にわたり一色武さんからお金や接待を受けていたことは事実です。
なので、いくら「ワナ」といっても、
かかる方が悪いという部分が正直あります。

ただ、甘利大臣の辞任によって、
TPPの運用に影響を及ぼすことは避けられませんよね...
一国民としては、単純に心配な事態です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。